韓国のお酒、ソジュ

LINEで送る
Pocket

beerparty2014スタッフで、朝鮮語科出身の大久保です。ワールドカップの最中、いかがお過ごしでしょうか。私は毎日寝不足気味です…。 さて、今回は韓国のお酒について書いてみようと思います。 韓国で最も飲まれているお酒といえば、 「チャミスル チュセヨ~」というCMでもおなじみのこちら Soju_jinro_gfdl ソジュ(焼酎)です。日本でいうところの甲類焼酎で、アルコール度数は20%程度のものが一般的です。ソジュが入っているビンの容量は、日本のそれよりはかなり小さく、1ビン360mlです。 ソジュにも他のお酒同様、メーカーや種類がいろいろありますが、中で最もポピュラーなのがCMでおなじみのチャミスルです。 とは言え、どこでもチャミスルが最もポピュラーがといえばそうではありません。ソジュにもご当地ソジュのようなものがあり、地域によって飲まれている種類が違ったりします。 例えば、プサンではこのC1ソジュというのが人気です。 c1   ビンの見た目も結構似ていますが、私には味の違いもあまり分かりませんでした笑   さてそのソジュ、日本の焼酎と違い、基本的には割って飲みません。一口で飲み干せるほどのショットグラス程度のグラスにストレートで注ぎ、一気に飲みます。味は少し甘めで、辛い韓国料理には合います。 辛い物を食べながら一気に飲むと、ついついどんどんお酒が進んじゃいますよね。1ビンの容量が少ないので、気が付けば一人で1ビン開けてるなんてこともあるかも。韓国では、自分のお酒の飲める量をソジュのビン数で表現します。私の酒量は2ビンです、などなど。韓国の方とお話しする機会があれば、ぜひ使っていてください♪ ちなみに恵比寿でのビアパーティではソジュは出ませんが、おいしいお酒と料理、そして語科、世代を超えた交流が皆さんを待っています♪