外国からの友人を案内したい場所、日本酒の酒蔵。

LINEで送る
Pocket

こんにちは。来月のビアパーティー楽しみですね。

東京に来て10年。毎年楽しみにしています。今年はゆっくりお話しできるよう、200名の着席会場にしました。ぜひみなさんお越しくださいね。

さて、幹事メンバーが世界のお酒について語る企画ですが私からは日本酒にまつわるテーマでお届けします。

日本を訪れる外国人が増えていますが、外大・外国語学部出身の皆さんも、外国から長年の友達が遊びにやってくることがあるのではないかとおもいます。実は2014年4月、海外から日本にくる外国人の到着者数が、日本から海外にとびたつ日本人の渡航者数をこえました。いよいよ日本をしっかり語れるようにならないとと思ってしまいます。

ところで、みなさんは東京ではどんなところを案内してあげていますか?

お寺や神社、東京タワーやスカイツリー、銀座、秋葉原、新宿、渋谷、もいいですが、、、、

私がぜひおすすめしたいのは、日本酒の酒蔵に連れて行ってあげることです。

日本人と一緒じゃないとなかなか行けない特別な一日をプレゼントしてあげることができますよ。

写真 2 (1)

東京から気軽にいくには、創業300年を超える酒蔵「小澤酒造」の澤乃井園は迷わず行けると思います。

新宿からJR中央線で一本。沢井駅で降りて目の前にあります。

図2

酒蔵の中を案内してくれる無料のツアーもあって、私が行ったときも興味深々の外国人のお客さんが数人おられました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本酒は「sake」または「rice wine」などといわれますが、立派なお米の表面を削って真ん中のおいしいところだけを使ってつくられた贅沢な飲み物。そんな日本酒の製造工程をちらっとみせてくれるこの見学会。酒造の社員の方の説明を、どんな英語に訳そうかわくわく(どきどき)。結構難しいんです。40分程度の見学がおわると、利き酒タイムもまっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

見学のあとは、ゆったり目の前の美しい多摩川をみながらくつろぎつつ、普段はなかなか飲めない火入れをしていない生酒をちょびちょびと一杯。美味しいお米ときれいなお水でできたこの素敵な日本酒を世界の人に飲んでもらいたいなーと思うのでした。

写真2写真 1 (1)

というわけで、日本酒酒造の情報共有でしたー。7月26日に皆さんにお会いできることを楽しみにしています。中国語卒H.Iでした。

小澤酒造・澤乃井園 (http://www.sawanoi-sake.com/